埋没法がメジャー

顔に触れる女性

高い効果を狙うなら切開法

一重まぶたは眠たそうに見られたり、目元がきつく見られたりするため、二重の整形手術を受ける女性は少なくありません。大手の美容外科クリニックでは学割などの費用特典や保証制度などのサービスを充実させているところも多く、安心して手術を受けられると考えている人が増加傾向にあります。二重手術で特に人気なのは、埋没法です。まぶたの奥に糸を通して縫い止めておく手術で、費用も手軽なことが多いです。まぶたに脂肪が多い人は重みに耐えられずに糸が切れてしまうことがあるものの、保証制度が付いている整形手術であればやり直してもらえます。しかし、手術であることは変わらないため、ダウンタイムは必要です。会社員だったり周りに気付かれたくなかったりする場合は、休みを取る必要が出てくるかもしれません。ダウンタイムはおよそ1週間くらいですが、埋没法の内、挙筋法よりも瞼板法の方が腫れが比較的少ないと言われています。この術法は医師の考え方によるので、実施しているクリニックとしていないクリニックがあります。二重整形手術の埋没法で糸が取れてしまった場合やり直すことは可能ですが、まぶたなどへの負担があるため、3回程度が限度と考えた方が無難です。まぶたの皮膚が分厚い人や脂肪が多い人は、始めから切開法を選ぶといいかもしれません。元々脂肪が多い人は切開時に脂肪を取り除け、皮膚にたるみが生じている人は余分な皮膚を取り除けます。脂肪の量などは個人差があるものの、埋没法の2点留めで取れる確率は1年で20%、5年で50%と言われています。切開法は埋没法の倍くらいは費用がかかるものの、その効果は半永久的です。糸が取れるかもしれないという心配をせずに生活できます。また、糸の結び目が眼球を傷つける心配もありません。切開法は二重のラインを人工的にメスで作る整形手術となるため、埋没法では少し難しいデザインも実施できます。近年人気のハーフっぽい目元になる幅広ラインも容易にでき、目頭切開や目尻切開を併せて行い、目自体を大きくすることも可能です。追加手術となるので費用も上がりますが、理想の目を手に入れるには、最も有効な方法となります。

目元

目的を意識する

二重整形をする際に費用を判断する時は、医師の経験や技術なども考える必要があります。技術力のある医師に執刀してもらうことで、理想の目元になることができます。メスを使用しない埋没法でも理想の目元になるには、行動な技術が必要です。

医者と看護師

選択は慎重に

二重の整形には切開法と埋没法の2種類があり、切開する方が費用面では数倍高額になります。いずれも場合でも施術そのものは短時間で完了しますが、腫れが引くのを待たなければならないため、全体では数週間が必要です。

鏡を見る女性

どのような方法があるか

一重と二重はまぶたの中の構造が違います。二重整形手術の埋没法では目を開けたときにまぶたが折り込まれるように糸を縫いとめ、切開法では希望のラインの位置にメスを入れて縫合します。費用は切開法が高いですが、効果は半永久的と長いです。

女性の目元

確認しておく事は何か

二重に美容整形を行う場合には、糸で皮膚を釣り上げる方法とメスを入れる切開法がありますが、費用が大きく異なります。前者のほうは半年程度の効果しかありませんが、後者の場合は半永久的に効果が持続することになります。

顔に触れる女性

費用などを比較する

二重整形をする時は費用を意識する必要があり、埋没法などは費用が安くて人気です。切開法はメスを使用するので、大きく目の形を変えることができて人気です。施術を選ぶ際には、自分の希望をいかに叶えるかを考える必要もあります。